Rainbow Mushroom - psychebookholic blog

psychebookholic(サイケブックホリック)と言います。作曲したりDJしたり、音楽loveっ子な青年です。知的財産法のスペシャリストになりたいです。植物が好きです。

「元気になったモウセンゴケ」 「カンガルーポー」

昨年の冬あたりに、とあるホームセンターで買ってきた
死にかけていたモウセンゴケが
元気になってきました!

2014年12月2日のブログで紹介したモウセンゴケです

前にホームセンターで
死にそうなモウセンゴケ(50円だった)を買ったんだけど、
それが11月中旬頃けっこう元気になってきました。
CIMG1000

が、11月下旬に
あの渦巻いてるやつも枯れそうになり、
新芽も枯れてきました。。。。

で、やっぱり寒さが原因なのかも!と
オレの部屋の出窓に避難させ様子を伺いました。

ウツボカズラも部屋にあるから
だいたいオレの部屋は20度になるようにしてます。

3日ぐらい経ちまして、
ふと、モウセンゴケに目をやると
あれ?と
あの黄色い鉢の上に小ハエが1匹くっついているんですね。

さほど気にとめなかったんだけど、
まぁその1匹はティッシュで取りました。

次の日、、、、、、
また止まってるんですよ。。。。。。

さすがにおかしいなと思い、、、、、、

そんで次の日、
また止まってる。。。。。

このモウセンゴケが原因だと思い、
それに窓も開けていないので、多分、
モウセンゴケのミズゴケから発生しているのかなと。

植え替えるってことも考えたんだけど、
ミズゴケを用意して、ふやかしてやる時間がない。
考えた結果、
よし水をどばどばかけまくって汚れを落とそう!と
よく考えたら無駄な抵抗を。。。。

もう鉢にめがけてばっさばっさ水をかける。
その水の勢いでミズゴケが崩れ、
その崩れたミズゴケが水で流れていく。
これを繰り返し、
これでいなくなったんじゃね?と思い、
外に置いてその日は終わりにしました。

で、次の日。。。。。
朝おきて、モウセンゴケの様子を観てみると、
まぁもちろんびしょびしょに湿っていますが、
その崩れたミズゴケの間から、
なんか変な物がいるんですね。。。。
めっちゃ小さいから
ん?とは思ったんだけど、
やっぱり土ではない。。。。
ふ~って息をふきかけたら、シュン!と突起が縮んだ!!!
カタツムリだ!!!

いやーびっくりしましたよ、だって土からカタツムリが
3匹ほど出てくるんですもの!
(もしかしたらもっといるのかもしれないけど)

これは、ダメだと思ったんだけど、
乾燥させてぐちゃぐちゃに湿った土を復活させようと
思ったんだけど、モウセンゴケは
常に土を湿らせておかなくてはならないので、
乾燥させるのは無理。
いつも湿らせるということは、
湿った場所が好きな害虫にとってみたら
もううれしくてしょうがない環境なんでしょうな。。。。

えーい!もう一回水をかけたる!
また水をばっさばっさかけまくりました。
そしたら今度は土の割れ目から
小ハエが出てきました!
ひっ!
それも1匹とかではなく、5、6匹は出てきたんじゃないかな。

もう水かけ作戦ではどうにもならにことがわかりました

で、それからとにかくハエがたかる。

もうかわいそうだけど許して、ということで
アースジェットをモウセンゴケにシュー
シュー
シュー
シュー

で、これでもなんだか不安なので、
害虫駆除のスプレーを
たしかベニカEXだっけな?
赤いパッケージのやつをかけました。

多分、土が腐ってるんでしょうね。
殺虫剤、薬剤かけても無理なような気がするな、
そもそも土が腐ってるんだろうからさ。

こんなに虫がでてくるなら、50円でも高いわ。


で、土を植え替えまして、
「生き返えろー!!」と念をこめていたら

IMG_20150312_023528

生き返ってきました!!
うれしい・・・・・・

買った当初、もう枯れていたので、
どんな種のモウセンゴケがわからなかったのですが、
Yの字になるモウセンゴケでした。

かわいいー


もう一つのモウセンゴケは元気ですねー
っていうより、昨年と同じ土(買った土)なので植え替えないとまずいですよね。。。。。

IMG_20150312_122521

IMG_20150312_122616

IMG_20150312_122626

水をあげた後なので、水滴付きです。

きれいですよねー

かわいいー



この時期、ホームセンターにいくと、
カンガルーポーという不思議な名前の花ありません?

オレの近くのホームセンターでも置いてありました。

なんだかその不思議さに魅了されて先月購入しちゃいました(笑)

花の先がぺりぺりとむけるんですよー

IMG_20150312_155912

IMG_20150312_155952


花のもふもふした毛みたいのが、
なんだかカンガルーの足に似ているとかで
この花の名前がカンガルーポーなんだとか。
カンガルーポーのポーはさてなんなんでしょう?(笑)

DSC_0043

似てます?

googleでカンガルーの足の画像を検索してみたんだけど、
似てるかなぁー。。。。

ちょっと余計な話・・・・
オレの近くのホームセンターで出回っている
カンガルーポーの販売社が
株式会社コルナムインターナショナルっていう会社で、
そのラベルに「品種登録出願済み」って書いてあるんですね。
で、知的財産法に興味があるオレなので、つい
農林水産のホームページで品種登録検索をしてみました。

で、この会社の出願公開にアニゴザントス属(カンガルーポー)が無いんですよねー。

最近の出願公表をさーっと見たんですが、そこにも無い気がしたなぁー・・・・
見落としてるのかな・・・・

ま、ようわからん。


ちなみに、アニゴザントス属はかなり多くの品種が登録されております。
どれも育成者権の消滅日が早いから、まぁどういう意図かわからんけど、
権利を持っていてもあまりメリットがないのかな・・・売れないのかな?(笑)



はい、話を戻します。

そのカンガルーポーってとても育てるのが難しいらしいんですね。

オレのカンガルーポーは買った当初から葉先が若干黒かったのですが、
その黒い感じがどんどん深くなってきてしまいました。

IMG_20150312_160111

なんでなん?!
っていう感じです。

別に水をあげすぎて加湿状態にしているわけでもなく、
耐寒性が弱いという話も聞いていたので、
室内で育てているし。。。

あげくのはてには
葉の中央にいやーな黒い点が・・・・
IMG_20150312_160201

これって、もしかして、斑点病?・・・・・
えー、病気かな・・・・・
まじ勘弁してほしいわ・・・・・・

カンガルーポーけっこうお値段高いんですよ。。。。

そんなわけで、他の観葉植物と離して、
状態を見守っています。。。。





届いたぜ、デジモンアドベンチャー Blu-rayBOX

お久しぶりです。
今月の8日に試験がありまして、その勉強をしていました。


で、届きましたよー!!

DSC_0027

デジモンのブルーレイ!!

しかも初回特典のドラマCD付き!!!

2日に届いていたのですが、テスト勉で我慢。
どれだけ待ち遠しかったか!

やっぱ気になるのは初回特典のドラマCD!
で、ワクワク気分で開けてみると、
登場人物が・・・みんなそろっていないという。。。。
ここの下の方に登場人物が書かれてます。。。。
http://happinet-p.com/digimon/

そうです。太一がいない!笑

ドラマCDの中でも
アグモン「太一は?」と、ちょー悲しそう!!
「タケルは?」とパタモンも!!

ただ、ファンのオレとしては、聴いていて心がほっこり。

やっぱりアグモンがいいね!
アグモンの声を聴いたら、ニヤリとしてしまった

パルモンの声がよりガラガラ声になった?笑

こういう復活ってなんかいいよね!


で、さっき、1話と2話を観てきましたよ!
いやー懐かしいぜ!!

ちなみにディスク1はディスク面に太一とアグモンいうことで、
セレクト画面ではbutter-flyの曲にのせて太一とアグモン!

もう最高です


コロモンもいいけど、
モチモンもかわいいなぁ。
モチモンのほっぺをつんつんしたいわー


2話で、
丈が流されて壊れてしまったであろう
電話ボックスに必死になる姿に笑ってしまった(笑)


あ、ブルーレイってことで映像キレイですよ!



あと、これを一応はっときます。


ちなみに、オレは誤表記対象者でした。。。。
タイトルが間違ってる。。。。

修正シールで対応してくださいと書かれてあります。

シールかよ!!
ファンをなめるなと言いたいところですが。。。。

対応期間が2017年1月31日と期限があるので、
お忘れのないように

オレもまだ電話していないので、
今週中にでも電話したいと思います。

折れました。。。

胸の骨?
あばら骨っていうんだっけ?

一昨日、
「う~~~~んっ」って腕を
上にあげて伸びをしたんです。

そうしましたら、


折れました。











『LEGO(R) ムービー』の感想

この映画を初めてWOWOWで観たんだけど、
ちょーおもしろかった!!笑
5点満点とするなら、もはや満点の5点でいいでしょ!

ちなみに、オレが観たのは字幕の方ね


描写がとてもキレイ!
音楽やBGMもすごくよい!!


とにかくストーリー展開が速い。
あのスピード感は海外アニメの良いところ。
多分、日本のアニメじゃこのスピード感は
できないだろうね


話の中で、「スパボンw」というものや、
めん棒が出てきたり、電池がでてきたり・・・・
とにかく、観ていてワクワクするんだよね
めん棒で顔を拭くシーンとか、すげぇ面白いと思ったもん。


レゴだからといって、
甘くみることなかれ。
レゴなのにアクションがかなり派手で本当に面白い。
水と機関車の煙のレゴ。
すごかったすごかった。
「おぉ、すげぇ」って声に出ちゃったもん。



テーマは
「自分らしい生き方」と「マニュアル通りの行き方」
「親」と「子」
かな(笑)


この映画はレゴの描写もすごいんだけど、
オレが1番評価したい部分は、
後半のオチ。
まさか、こういう話にもっていくとは思わなかった。
「おーーーー!こうきたか!!!」って
観ながら、うんうんと感心。


タートルズやリンカーン等のゲスト?も登場。


配給がワーナーで、
ワーナーらしい豪華な作品に仕上がったと思う。


約1時間半、
レゴのワクワクするような
楽しい世界に浸ることができた



字幕版の予告




日本語吹き替えの予告。
吹き替え、ひどいね・・・・・
予告だけで、鳥肌がっ・・・・・・
てかね、字幕の訳と吹き替えのセリフが異なりすぎでは?
なにが、「お・も・て・な・し」だコラァ!
「Aloha,loser!」(loser"s"なのかloserなのか聞き取れん!(笑))から、
どうしたらこんなひどい「お・も・て・な・し」という訳になるのだろうか・・・・・





『パラサイト・クリーチャーズ』と『アザーズ -捕食者-』の感想

それにしても、
WOWOWが放送するホラー映画は
ほんと質が悪い。
まともなホラー映画を放送するつもりはないんかな。


『パラサイト・クリーチャーズ』の感想。。。
5点満点とするなら、1点です。
はなくそです。

まず、この映画は、『遊星からの物体X』に
なにかしらの影響を受けているのかな。。。。
まぁ、遊星からの物体Xの足元にも及ばないけど。


簡単にストーリーを説明しますと・・・・・

山の観測チームに所属する主人公が奇妙な洞窟を発見。
その洞窟で、主人公(以下、彼)の相棒である犬が傷を負う。
狐に襲われたのかな?狐の死骸から、これは狂犬病?かも。

その日、大臣諸々がその山を訪れるらしい。
大臣に付き添う彼女に
彼が狂犬病の狐がいるから来ないほうがいいと説明。
けど、言う事を聞かず。

再びその洞窟へ。

彼が立ちションしていると、
彼のションベンで
ダンゴ虫のような寄生生物が覚醒。
ピョーンっと彼にアタック。
あそこを喰いち切られるのかと思いきや(本当に食いち切られたらおもしろかっただろう)、
ダンゴ虫に蹴りを一発。
ダンゴ虫くん、気絶。

それを持って帰る。

調べてみると、寄生生物であることがわかる。
彼は、大臣に知らせるべきだと。
しかし、他の観測チーム人達は、
これは大発見であり、公にするべきではない。

大臣諸々も寄生生物に襲われそうになり、
観測チームと合流し・・・・・・

まぁよくあるパニックホラー映画の流れ。


全体的にみると、この映画の音楽はけっこう不気味で良い。
音楽だけだけど。

犬が寄生されて、遊星からの物体Xみたくなるのかと思いきや、
何も起こらず。
観測チームの1人が
体に火が燃え移ってしまい、
外に出て、雪の上で倒れる。
おぉー、遊星からの物体X(笑)

とにかく、大臣(女性)が強すぎる。

主人公と彼女が急にケンカしたり、話している内容がよくわからない等、
主人公と彼女がなんだかうざい。

なんだかんだで、寄生生物がほとんどでない。

パラサイトをうたっているくせに、
実際、寄生されて「ウォー」ってなる人は1人。
首筋から大量の虫を放出。
しかし、大臣諸々は無傷。

寄生生物の血を体に入れてしまうと、
体内に寄生生物が宿ってしまうんかなと観ながら思っていたが、
そうではなさそう。
大臣が普通に顔面に血を浴びるし、
大臣付き添いの方の目に血がブシャーと浴びまくるし。

なぜ大臣諸々が生き残ったんだ?等、意味不明な部分多し。


以上。

観る価値なし。

予告です。





次、
『アザーズ -捕食者-』の感想。。。。
5点満点とするなら、2.5点かな。

タイトルに書かれてある、「捕食者」が
実際どんな顔してて、体はどんな感じなのかがわかるのは、
ほんとラスト。
ぶっちゃけ、この怪物さんと戦うのは後半の30分のみ。
それまで、
兵士の話とテロリストと戦う部分で1時間。

怪物と戦うことがメインなのではなく、
付けたしなんだと思う。

けっこう戦闘シーンがこってる。
兵士のアクションや役柄が様になってて、
観ていても飽きなかった。
ストーリーも、
怪物と戦うだけではなく、
ある意味、タイトルからのズレ、
つまり、怪物と戦うだけにしなくて
この映画の場合、よかったんだと思う。

よって2.5点に評価。


この監督は、映像の早回しが好きなのかな。
頻繁に「キュルキュル」と早回し。


霊能力者の彼女がもう少し活かすことができたら
おもしろかったのでは?
霊能力者の彼女曰く、怪物さんだと波動を感じられないらしい。
おかげで、なんのためにいるのかよくわからん。
最後にちょっぴり、波動を感じることができたのかな?


怪物さんは1匹ではない。


ラストがよう意味わからん。


以上。

まぁ、つまらなかった。

予告です。。。



最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
http://t.co/1peGPw8D 勉強と音楽の日々。。。 DJ/goa psy euphoric trance/composer/ピアノ/シンセサイザー/ホラー映画/知的財産法(esp,著作権法)/ミイラ/ゾンビ/妖怪/毒キノコ/食虫植物/サボテン/可愛い物
  • ライブドアブログ